1日の速さ!!

今日は振替休日だったので丸一日休みだった。
あれもしようこれもしようと考えていたけれど、全然こなせない。
このところ、時の速さ、つまりは1日がたった24時間しかないことが恨めしい!
学生の頃なんかは時間は湯水のようにあると思ったのに。
(湯水のように、という表現は多分日本独特のものなんだろうなぁ)
特に中学生の頃は1日がまどろっこしいくらい長かった…。
朝の部活・授業・先輩にときめいたりなんかしたり・生徒会活動してみたり・
友達と喋ったり・放課後の部活、掃除なんかもあったなぁ。
家に帰ったらそこそこに宿題やったけれど、今よりも本読んでたし、
ゲームもやったし、テレビも見た、なかでもアニメが好きでねぇ。
…いやいやそんな話ではなく。
高校時代も班活動をやりに山の上の高校へ通っていた気がしたし、
短大時代も毎日のサークルと、テストのための勉強と就職活動だったし。

いま、一番時間がない。
1分1秒って、すんなり過ぎてしまう。
振り返れないし、通り過ぎた時間は記憶としても曖昧。
「これは覚えておこう」と心で切り取ったところしか覚えてない。
これっていわゆる老化現象??
学生時代、時間は豊富にあったけれどお金がなくて、
今は自由になるお金はそこそこあるけど時間がなくて。
こんなことで悩めるのって、たぶん幸せの証拠なんだろうなぁ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック